うしお

1978年生まれ。美術家。

うしおは様々なメディアを用い、ゲームに用いられる道具や設定、ルール、言葉、イメージを多用し、再構成する手法で「思い通りにならない状況」を可視化する作品を制作している。代表作はチェスや囲碁、オセロといった白黒の駒を使うボードゲームが“白黒つけられない”作品のシリーズなど。

近年はgallery N 神田社宅(2018年)における個展「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」のほか、〈引込線/放射線〉所沢市周辺(2019年)「TERATOTERA祭り2019 〜選択の不自由〜」三鷹駅周辺(2019年)、「あそびのじかん」東京都現代美術館(2019年)、「ここから2-障害・感覚・共生を考える8日間」国立新美術館(2018年)などの展覧会に参加。

ほか、うしおは銀行から受け取ったばかりの千円札(新札)の写真と記番号をTwitterに記録し、自分が使った千円札との再会待ちをしている。

2019年には小倉正史氏が蓄積した国内外の現代アートの資料及び蔵書の整理に取り組む「公開整理」とワークショップ等を開催した。

うしおは2019年の〈引込線/放射線〉に実行委員として参加した。「引込線」には2017年に引き続き2回目の参加となる。
旧市立所沢幼稚園会場 では小倉正史氏の写真資料や蔵書の一部を会場に置き、来場者が蔵書を手に取って読み、また「公開整理」の様子を知ることができる展示を行った。
〈引込線/放射線〉サテライトでは名古屋市のgallery Nにおいて、石井友人・土屋貴哉・水谷一らと、うしおの企画による展覧会「距離と伝達」を開催した。本展示終了後にはうしおを含む4名の各作家自身の制作による出展作品資料も同梱した展示記録集を発行した。

旧市立所沢幼稚園会場の写真:長沼宏昌氏
gallery N会場の写真:植村タカシ氏

DSC09413
DSC09419
004 DST00535 ToLoLo studio

うしおは2019年11月に「TERATOTERA祭り2019」に参加した。「TERATOTERA祭り2019」では、同年夏にうしおが東京都現代美術館で展示した作品《不如意の儀》のコンセプトを引き継いだ《不如意のティーサロン》を企画し、TERACCOらの協力を得て、3日間限定のミックスティーのお店を運営した。
《不如意のティーサロン》では小倉正史氏やアーティストの山岡さ希子氏(IPAMIA)らを招いて毎日ワークショップ等のイベントを催し、お茶を飲みつつ小倉氏の「公開整理」やアーカイヴについて理解を深め、交流する場を設けた。

TERATOTERA祭り2019の写真:阪中隆文氏

191108_ushio_27
191108_ushio_08
191108_ushio_19